コンテンツメニュー

平安時代からの製塩法 揚浜式製塩とは 文明開化の製塩法 流下式製塩とは 海はミネラルの宝庫 にがりとは 海の恵みの産物 商品ご購入はこちら
お問合わせ 特定商取引法に基づく記載

株式会社 珠洲製塩
石川県珠洲市長橋町13-17-2
TEL 0768-87-8080
FAX 0768-87-8070

会社案内

ガイドナビゲーション

日本では数少ない製塩法を用いた塩づくり

 塩づくりに必要なのは、第一に、きれいな海水です。リマン海流と対馬暖流の交わる能登半島は、海藻の種類が日本一など、多くの生き物を育む栄養豊富な海です。
 第二に製法です。弊社では、日本での始まりが室町時代のあげ浜式と昭和時代の流下式を採用しています。あげ浜式は国の無形文化財で世界農業遺産です。現在、伊勢神宮と能登半島珠洲のみ残っています。流下式も沖縄に多く採用されていますが、全国的には、少なくなっています。これらの古い製塩法は、海水を太陽や風の自然エネルギーと火力で蒸発により水分を無くして仕上げます。現在の電気透析法は、塩化ナトリウム97%で純度が高い塩ですが、味はシンプルです。古い製塩法は、海水のうま味を塩の味に取り込む事ができます。

平安時代からの製塩法 あげ浜式製塩
文明開化の製塩法 流加式製塩
海はミネラルの宝庫 にがり

新着情報

当社ホームページをリニューアル

2017年10月01日

当社のホームページをリニューアルしました。今後とも珠洲製塩をよろしくお願いいたします。

「2017ぶらり能登ガイドブック」おもてなしスポットに掲載されました

2016年12月01日

商品をお買い上げの方で、ガイドブックを提示した方お一人様に『8gの塩小袋』プレゼント。
有効期限:2016年12月1日〜2017年11月30日

有名パティシエ辻口博啓さんの監修店舗にて当社揚げ浜塩

2015年02月04日

北國新聞の夕刊にて”新作チョコで揚げ浜塩を発信"という記事が掲載されました。辻口さんはインタビューにて「揚げ浜式で作られる塩は地元の食材であり思い入れがある。ミネラルが豊富で自分が作るスイーツに最適だ」と語った。